古銭の錬金術師
古銭を少しでも高く売りたい場合古銭買取業者へ
古銭買取で扱う紙幣や硬貨の特徴
自宅に眠っている古銭は、買取可能です
古銭買取が可能な古銭の種類とは
大判小判があると一定の価値が上がる可能性がある古銭買取
人気の硬貨を古銭買取してもらうコツ
大判小判でも大きく価値が異なる古銭買取
穴銭や絵銭と呼ばれるお金が流通していたものを売るなら古銭買取
初めて古銭買取をするために注意すべきポイント
古い硬貨や紙幣が見つかったら古銭買取
古銭買取が可能な古銭の種類とは
一言で古銭と言っても実に様々な種類があり、中には買取業者に買い取ってもらえないものもあると言われています。そこで、古銭買取が可能な古銭の種類について知っておくことは大切です。高値での買取が可能な古銭の中には、穴銭や絵銭、古紙幣、古金銀などでしょう。例えば、穴銭では江戸時代の代表的な通貨である寛永通宝がありますが、中でも古寛永は数も少なく希少価値が高いため高値での買取も可能であると言われています。また絵銭は江戸時代に作られたもので、信仰銭や宮銭、供養銭などとして使われていたものです。一見おもちゃのようにも見えますが意外に価値の高いものも含まれているため十分の注意が必要です。さらに、高値での古銭買取が可能とされる古金銀で代表的なものと言えば大判や小判です。大判は、古くは安土桃山時代から江戸時代にかけて作られたもので、最も価値があるのは天正菱大判金とされています。小判に関しては、元禄小判が最も高値で取引されていると言われています。