古銭の錬金術師
古銭を少しでも高く売りたい場合古銭買取業者へ
古銭買取で扱う紙幣や硬貨の特徴
自宅に眠っている古銭は、買取可能です
古銭買取が可能な古銭の種類とは
大判小判があると一定の価値が上がる可能性がある古銭買取
人気の硬貨を古銭買取してもらうコツ
大判小判でも大きく価値が異なる古銭買取
穴銭や絵銭と呼ばれるお金が流通していたものを売るなら古銭買取
初めて古銭買取をするために注意すべきポイント
古い硬貨や紙幣が見つかったら古銭買取
大判小判でも大きく価値が異なる古銭買取
昔に流通していたお金として大判小判があります。時代劇などで賄賂として悪代官が町人から白い包みを受けるシーンがあります。白い包みを開くと金色に輝く小判が何枚か重ねられています。この小判が千枚入る箱が千両箱と言われ、千両となるとかなりの価値があったのでしょう。小判以外には大判と呼ばれるものもあり、小判よりも価値があるものとして流通していたようです。小判自体も庶民の中ではあまり利用する機会はなかったでしょうが、大判となるとさらに流通量は少なくなります。一応今でもかつての大判が残されていて、古銭買取市場でやり取りされるときがあります。ある業者においては古銭買取において大判の相場を提示してくれています。ある大判だと1枚7千万円で買い取ってくれるそうです。一方で他の大判は安いものだと数百万円ぐらいになります。金の含有量であったり鋳造された時代、鋳造されて現在に残っている数などによって異なるのでしょう。金の量が多くて数が少なければ価値も高くなりそうです。